読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサージャニヲタ海を渡る

アラサージャニヲタがワーホリを決行。果たして海外でリア充生活とヲタ活を両立できるのか!

VS虫(異種格闘技戦)

アローラ!ショーリです。

気が付いたら12月になってました。ていうか、12月になった途端お店忙しくなりすぎです。

先週の水曜日(11月30日。知念くんの誕生日)は、びっくりするぐらいお店が暇で、スタッフみんな5時前には帰路につく。

先週の木曜日(12月1日)から昨日の静寂は何だったのかというぐらい、忙しなくごった返すお店。物がなくなる仕込み追い付かない。木曜日だから営業長い。結果、帰宅したのは11時半。

そんなトンチキな一週間で、クリスマスへの耐性は整ったかと。負けねぇぞ。

そして激忙しくて、右手の腱鞘炎が悪化しはじめている私。

だってさぁ!休みの日にはポケモンやったりデレステやったり忙しい訳じゃんかぁ!それなのに手が使えないって・・・コンボ全然出せないから今回のイベントも全然ポイント稼げてない・・・(お前はオーストラリアに来てまで何をやっているのか)

そうそう、ミラクル交換相変わらずな感じで続けてるんですが、交換で届く御三家がモクローばっかりなんですよね。こうなるとアシマリとニャビーを選んだトレーナー圧倒的に少なそうだよな。ニャビーからのガオガエンはホントに裏切り行為・・・。

アニポケ4話見ましたが、あれはモクロー好きになるって・・・。

 

そうそう、2週間ほど我が家を賑やかしていた、イギリス人ギャルの御一行様は無事に南へ向けて旅立ちました。

仕事終わって帰ったら、お部屋は蛻の殻。

あのですね、この部屋のギャル、びっくりするぐらい汚部屋女子ちゃんだったんです。でも今その部屋、マジで何もなかったかのように美しい。

そりゃそうだよな、人が大事に使ってたWhiteKing(こっちの漂白剤)丸々1本使ったもんな!変な匂いもとれてますよね!くそー!新しいの買ったからもういいけどさぁ!

お掃除洗剤がどれも無くなっていて悲しくなっている私。それを横目に晩ご飯を作るフランス人シェアメイト。

このシェアメイト、ありがたいことにとても綺麗好きで、帰宅してバスルームをごちゃごちゃ弄ってる私と一緒に「昔の住人、ゴミ捨てなさすぎだろ!後に来る奴のことも考えろよな!」とぷんすかしてくれました。なんだろう、すごく救われた気がする・・・。

そして今日から新しいシェアメイトが来るらしいですが、先程帰ってきたフランス人シェアメイトに聞いたところ、入居は火曜日だそうです。あれ?ギャルは今日移ってくるって言ってたのにな・・・?みんな情報が適当すぎるぞ?

 

12月になって、暑さの度合いも増してきて、奴らの速度も若干落ちてきて、朝になるとリビングで死んだふりをしています。

奴らとは、あまり名前を書くのが好ましくない黒い虫です。ゴキちゃんです。ホントに多い。めっちゃ出る。

やっぱりね、遭遇すると「ヒィィっ」ってなるし、テンション下がるし、遠目から行動範囲を見てしまうんです。まじなんかあいつらと戦ういい方法ないですかね。

あと、ヨーロピアンはこぞってあいつらに強い。なんでだ。日本人が弱すぎるだけなんですかね。死体処理は頼むとすぐにやってのけてくださいます。

私が対応できるのは、基本的に死んだふりをしてる奴だけで、死んだふりをしている所にカビキラー的なものを吹っかけて、息絶えるのを見た後に紙を乗せてちりとりからのゴミ箱、という流れでの処理。

まだ息の根がある状態で戦えるヨーロピアンを尊敬して、そしてこれからもそんな人たちがシェアメイトであることを願って生活しています。

調べたところ、気温が40℃を超えると彼らは息絶えるらしいので、とても嫌ですが早く気温が40℃まで上がってくれないかと思っています。

 

いつも御愛読ありがとうございます。

ゴキちゃんとの正しい戦い方を知っている方、どうかご指南ください。共存という選択肢は存在しません。

綺麗好きヨーロピアンとシェアハウスしてる人はぽちり↓

今年のカウコン行くよっていう人もぽちり↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログ ジャニーズへ

にほんブログ村

ここへ来てちょっとたまってきたイライラゲージ。

アローラ!ショーリです。

シェアメイトだったオージーギャルのエマが先週突然引っ越して、ゴキちゃん退治請負人がいなくなった我が家。

しかしエマが去ったのと同時にやってきたフランス人のエドが新たなる請負人だと発覚し、穏やかな日々を送り始めています。

そして2週間前からなぜか居候している、ブリテンギャルのジェイの彼氏と、先週から居候しているジェイの友人(ブリテンギャル)

ジェイ様ご一行は今週の土曜日にシェアハウスを去るらしい。なんだか寂しいですが、ちょっとほっとしているのも正直なところ。

うちのシェアハウスのハウスルールに、「友人を泊める場合は事前に報告、長期滞在は不可」っていうのがあるんだけど、それを全力で無視するジェイちゃん。昨日の夜に至っては、

『ショーリ、メルセデスから"ジェイの友達どれぐらい泊まってる?"ってメール来たら"知らない!"って返しといて。マジやばいから』

と、ポケモンをしながらゼウスを見ていた(お前も忙しいな)私の部屋にわざわざ入ってきてご一報してくださる始末。

別に友達こようと何をしようと、私には関係ないっちゃ関係ないんですが、共有スペースを散らかされたり、人のジュース勝手に飲まれたりするのはちょっと困るなぁというのが本音です。

昨日はエドも友達を連れてきてましたが、ビール分けてくれたのでもう全然いいっすよ!!っていう感じ(狡い)

f:id:thenewbrokenscene:20161129164645j:plain

余談ですが、私の部屋はオーストラリアではびっくりするぐらい狭い部屋なので、人なんて呼べたもんじゃねぇです。しかも汚いな・・・。

他の部屋より圧倒的に風通しが悪く、熱い上に激狭いので、オーナーがレントを20ドル安くしてくださってるので、引っ越したいけど引っ越さないし、部屋も移らないです(ジリ貧)

こんな狭い部屋で扇風機3台稼働させてるので、ホントに自分の陣地はベッドの上のみです。

 

仕事も相変わらずな感じで続けております。

言っていい?言っていい?クッソしんどいです。

私以外の2人(メンズ)が全然仕事を覚えてくれないので、何かあるとシェフたちみんなが私にお願いをしてくるので人の1.5倍の仕事量です。これで給料一緒だからたまったもんじゃねぇっつーの・・・。

今日とうとう、台湾人シェフに「ショーリ以外の2人のメンズマジ仕事遅いんだけど!何なの?ねぇなんなの?」と言われました。私に言わないで本人に行ってくれよ。知らねーよ。

まぁでも裏方メンバー全員が全員、ここで働き始めて1か月程度のペーペーだから仕方ないよなぁ、とは思いますが、毎日同じことの繰り返しなキッチン作業なので、そろそろスピードもついてくるんじゃねぇの?とは思ってしまいます。

そんな私も、今日届いた荷物確認しないで振り分けて、西麻布さんに『ショーリ!なんでジャガイモがストレージにあるの!箱の中身確認して!』と帰り際に怒られるという凡ミス。昨日はズッキーニに塩かけすぎてあわや大参事・・・みたいな日々が続いております。

ヘッドシェフの西麻布さんは、怒るとめっちゃ怖いんだけど、普段はすごい可愛い。奥さんと子どもが大好きで、口を開けばその話。

奥さんは日本人で、これまたかわいい人。よくお店に遊びに来て、コーヒー飲んで去ってゆきます。そして奥さんが来るとすぐに駆け寄る西麻布さん。

今日はその一部始終を作業中見てたもんだから、奥さんが帰った後ニコニコしながら、「ショーリ、見た?あれ僕のワイフね」

と報告してくれる西麻布さん。

「うん、見た見た。可愛い人ねー。超チャーミング」

「でしょー!」

数分後

「ショーリ、ちょっと違った。うちの奥さん、可愛いじゃないでしょ」

「え?」

「可愛いじゃなくて、綺麗ね。美人!超美人。ねぇ!」

そこ訂正しなくてよくない?!どっちみち奥さん綺麗な人なんだから!!!

奥さんだけじゃなく、娘さんたちも奥さんに連れられてよくご飯を食べに来ます。

ハーフのキッズです。栗毛色の髪に切れ長おめめのエキゾチックなお姉ちゃんに、クルクルカールのいかにも西洋の赤ちゃんな妹ちゃん。言わずもがな可愛いんですよ。

でも西麻布さん、わざわざ私に写真持ってきて

「うちの娘ね、可愛いでしょ。将来はモデルかアイドルだと思ってるんだよね」

とニコニコ。

いいね西麻布さん幸せだね!!!!!!!!!!

ちなみに先週は、結婚記念日だった西麻布さん。

10年前にあげた結婚式の写真を見せてもらいました。

くっっっっっっっそイケメンじゃねぇか!!!!

なんでしょうね、結局最後は顔がいい人が幸せを掴むんですかねー。

月頭からショッピングセンターで営業活動してるサンタさんに「プレゼントにイケメンのオージーをお願いします」って言ってくるべきなんでしょうかね。

今年もクリスマスはお部屋に籠って『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』を見るか、家のプールでどざえもんになってるかどっちかですね。

 

いつも御愛読ありがとうございます。

クリぼっちは慣れっこだぜという人はぽちり↓

クリスマスはディズニーランド一択という方もぽちりお願いします↓

f:id:thenewbrokenscene:20161129164605j:plain

↑営業中のサンタさん。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログ ジャニーズへ
にほんブログ村

ニャビーの進化に裏切られた人、きっと多いと思う。

アローラ!ショーリです。

挨拶が変わったことでお気づきかと思われますが、とうとう手元にやってきたんです。

『ポケットモンスタームーン』

あのね、自分のDSに合わせてゲーム内の時差が作動しないのめっちゃ不便・・・。しかも私やってるのムーンだからほぼ昼夜逆転みたいな状態になってる・・・。

ルナアーラのビジュアルで選んだムーン、私の大好きなロコンちゃんは出てきません。なので今からミラクル交換でロコンちゃんが私の元へやってくるのを待っています。今のところぶっちぎりでケーシィがきます。こんなにケーシィいらない・・・。

 

先週の日曜日から5日ほど両親がケアンズに滞在しておりました。

でも色んなアクティビティに参加していたので、私は特になにをしたわけでもありませんでした(笑)

元々細身の父がさらに細くなっていてだいぶ心配になりましたが、母の様子を見て、そんなに心配することでもなさそうだなと思いました。

お願いしていたJUMPのアルバムにシゲの本、それと友達に代行してもらったツアーのグッズも無事に届けていただいて、これで私は悲しいクリスマスを過ごさないで済みそうなので一安心です。

 

二人が帰国してから、また元の生活に戻っています。

ここに来るまで一度も実家を出たことのない自分が、こんなに長い間親と離れていると思うと、まだなんとなく不思議な気持ちがします。

久しぶりに会ったんだけど、ずっと連絡はしていたので、『久しぶり』という気持ちにはなりませんでしたが、今でもあれは夢だったのかなという気分になっています。

二人に会ってから『親孝行』とは一体何なんだろう、とずっと考えている次第です。

小さい頃から何不自由なく、よく考えたらすごく幸せな家庭環境で育ってきた私。

父も母も互いに自立した人なので、私や妹にあまり干渉もしてきませんでした。

『確かにあんたは私の子どもだけど、個体としては別の生き物なんだから、私が指図する必要はない』と幼い私にぶっぱなった母。

『家族が自由に飛び回ってられるのが、お父さんにとって一番幸せなこと』と酔う度にぼやく父。

こんな環境で育っているので、いろんな人が試みている親孝行という定義が全く当てはまらない両親。特に母。

10人いれば、10の違う家庭環境があって、10組の違う両親が存在する。その10通りの親孝行が全部一緒だったら、それはそれでおかしな話。

だから、私にとっての親孝行は、とにかく無事に、生きて帰国することなのかな、という答えにいきつきました。

留学やワーホリで母国を出ている人達にとって、海外生活は、親と自分の関係について考えるいい機会なんじゃないかなと思います。

 

いつも御愛読ありがとうございます。

アローラのロコン、交換してくださる方いましたらご一報ください(笑)

親孝行って難しいと思う方はぽちり↓

月9盛り上がってきたあああああ!ていう方はマストぽちり↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログ ジャニーズへ
にほんブログ村

森久保乃々ちゃんにボイスが実装されたあぁぁああ!!!

 

どうもショーリです。

タイトルとブログ内容全然関係ないですほんとにすいません。今の私の気持ちを一言で表すとこのタイトルに尽きるんですよ・・・。

このタイトルでたどり着いたデレマスPさんたちも、できれば読んでいって下さると・・・嬉しいっす・・・。ののちゃんのボイスは・・・嬉しい・・・(それしか言ってない)

 

では本題へ(温度差)

気づけば11月も後半へ差し掛かろうとしております。

明後日とうとう両親がケアンズにやってきます。

思い起こせば1年前、それまで実家から出たことのなかったアラサーヲタクはスーツケースを片手に、ひとり海の向こうまで出発しました。

カナダの語学留学では、想像を絶するハプニングにそれはもうお腹一杯になるまで遭遇し、パースでは物事がうまく行かず、鬱々とした日々を過ごし・・・。

そんな娘を心配して、可愛い年でもないのに様子を見に来てくれる優しい両親・・・。

んなわけがありません。

 

結婚記念のお祝いに、夫婦仲良く海外旅行を今年の頭から計画していた両親。

最初はハワイ島に行く予定だったらしいのですが、予約全く取れず断念。

すると母「ねぇねぇ、イタリア行きたい」

必死で探すも、9月の地震の影響により、イタリア旅行も断念。

そこで母にそれとなーく、オーストラリアのガイドブックをちらつかせる父。

母「イタリアだめかー。じゃあシンガポールか韓国」

父「・・・どっちも行ったじゃん。しかも韓国はあなた一人で」

母「あ゛?じゃあ台湾」

父「台湾、近いし、結婚30周年記念よ・・・?」

母「えー、じゃあもう国内で温泉とかでいいよ」

父「・・・オーストラリア行きたいお(´・ω・`)」

母「えー、だってオーストラリア行って何すんの?」

父「うちは娘二人ともオーストラリアに行ったことあるし、二人ともエンジョイしてるよ?ショーリ、今ならオーストラリア案内してくれるかもよ?(´・ω・`)」

母「・・・だぁあああ!分かったよ!オーストラリアね!はいはい!行こう行こう!」

と、いう経緯でオーストラリアはケアンズにやってくることになった両親。

パースからあと2週間で引っ越す、というときにその報告を受ける私。

父「ショーリもさ、ゴールドコーストじゃなくて、ケアンズにしたら?」

私「まぁ、確かに来るときお願いした荷物も持ってきてもらえるしね」

 

というわけで、これがお気楽旅行のあとにケアンズに来た経緯です。

来て1週間で仕事と家も無事見つかった状態ですので、両親が来ても一通りのことは教えてあげられるかなと、いう感じで過ごしております。

そして初めてLCCを使うということで、今からなぜかソワソワしている父。

父「ショーリ知ってる?LCCって機内食有料だよ?」

私「知ってる知ってる。カナダでWESTJET使った時そうだったし。あ、でもバージンオーストラリアは機内食ついてたよ」

父「でもJetStarはつかないんだって。心配になって旅行会社の人に聞いたら「パッケージ申し込みの人は機内食もエンタメもついてます」って言われたよ」

母「成田発が夜だから機内は寝てるだけだからいらなくね?って言ったんだけどさー」

父「あ、そっか。でもやっぱり飛行機内で楽しめるものは楽しまなきゃ。それが海外旅行の醍醐味!」

私「(^^)・・・」

父「LCC、ちゃんと荷重耐えられるのかな」

私「やめなさい。安いだけで旅客機のクオリティ変わんないから」

父「ケアンズ着くのね、朝5時だって」

母「だから機内寝てるだけだって言ったの」

私「分かった。じゃあ頃合い見計らってぼちぼちシティ行くね」

父「今回はね!30周年でデラックスだからね!ショーリもおいしいレストラン探しておいて」

私「(^^)」

 

父と母の間にある温度差は、この際気にしないでおくことにします。

両親が来ることと同じぐらい、ポケモンムーンを届けてもらえることが嬉しい私もなかなか薄情な娘だなとは思っております。支払い全部豪ドルでいいよな・・・。

あとはやっとJUMPのアルバムが聞けます。ぼくとけいと・・・。

 

いつも御愛読ありがとうございます。

森久保でたどり着いたPさんはマストでぽちりしていってください↓

母が実権を握っている家庭で育った方はぽちり↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログ ジャニーズへ

にほんブログ村

春ってこんなに暑いものでしたっけ?

どうもショーリです。

常夏と言っても過言ではなさそうなぐらい、連日30度越えのケアンズに到着して早3週間。新居での生活も早2週間。新しい仕事が始まって早2週間。

いやぁ!ビックリするぐらいすべてが順調です!

ありがとう、ありがとう。神様マジでありがとう。私は毎日楽しく生活しています。

まぁね、パースではいろいろ苦労したから、ここらへんで少し順調に事が進んでもいいでしょう。詳しくはこちらの記事↓

 

thenewbrokenscene.hatenablog.com

 

thenewbrokenscene.hatenablog.com

 

この記事を書いていたおよそ半年後の生活が、こんなにものびのびしたものだなんて誰が予測できたでしょう!

ま、そんなことはさておき。今日は新しいお家と新しい職場の話をちょこっとしたいと思います。

 

私が今、住んでいるシェアハウスは、ケアンズのシティから自転車で5分強というなんとも快適な住宅街の一角にあります。

オーナーのマダムは、スペインからの移民で、自分のツアー会社を経営しているバリキャリ。ちなみに旦那さんは、サーファーみたいなかっこいいの度が過ぎてるオジサマ。

そんなマダムは公道を挟んだ向かい側の大きい白い家(マジでマンガみたいなあれ)に住んでいて、私が住んでいるシェアハウスは、2階部分にマダムの娘さんのソラヤちゃんが住んでいます。

 ソラヤちゃんは、これまた絵に描いたような金髪ナイスバディな美人さんで、とても気の利く優しい女の子です。ただめっちゃ声がイケボ。マダムと声そっくりでビビる。

 シェアメイトは私入れて全部で4人。

イギリス人ギャルのジェイ、オージーギャルのエマ、チェコ人学生のトマス。

トマスはもうすぐ引っ越すらしいので、またシェアメイトが替わるようです。

エマは日本語を独学で勉強しているらしく、メールが時々ローマ字で来ます。何かあると「アリガトー!」と、パンサー尾形みたいなテンションで叫んでます。

ジェイはどうやら片付けが苦手のようで、よく台所や冷蔵庫がひっちゃかめっちゃかになってます。でも他人と一緒に片づけをするととても綺麗にやってくれます。その差は一体何・・・。

 

そして私の新しい職場は、ケアンズのシティにあるショッピングモールの中のレストランです。

トライアルの日に、マネージャーさんに偉く気にいってもらい、即採用になりました。

ポジションは、前回同様キッチンハンド。今回のキッチンハンドはお皿洗いからはじまる、いわゆるレストラン裏方作業員です。

私以外は日本人の男の子と、韓国人の男の子がいます。韓国人のベン君は、なぜか日本語ペラペラ。意思疎通が完全にできるレベルで日本語喋れる。逆に怖い。

日本人のたろちゃんは、いい子だけど、仕事に対しての姿勢が私と違いすぎて時々首を傾げたくなります。これが今の若者の考えなのか・・・アラサーにはわからん。

日本での前職の経験もあり、裏方やりつつ仕込み番もやってて、他の二人より明らかに私の方が仕事量多くてちょっとうーん?ってなる。

でもおかげで、シェフたちには『ショーリは仕事の覚えも手際もいいから助かる』といって一目置いてもらえてるのは、素直に嬉しいものです。

そんなシェフたち、揃いも揃って日本語喋れる。それはもうびっくりするぐらい。

シェフ5人いるうちの一人はミッツさんは在豪20年の日本人ベテランシェフ。まぁ日本語喋ります。

焼き場担当のレックスさんは、どこだかわかんないけど中国語をしゃべるので多分そっちの方の人。日本語喋ります。すごくチャーミング。

ヘッドシェフのダニエルは、奥さんが日本人で、12年前まで西麻布のイタリアンレストランでシェフしてました。日本語ペラペラです。私はこっそり西麻布さんと呼んでいます(やめなさい)

結果、この2週間で私の英語力は著しく低下しています。

かろうじてホールの面々が、全く日本語喋らない(ていうか日本人いない)ので、そこで英語力を保っている状態です。おかしいな、私ローカルで働いてるのにな・・・。

 

そんなケアンズで毎日楽しく、黒いあの虫と戦いながら生活しています。

そして今月は、とうとう両親がオーストラリアに遊びに来ます!1年以上会っていないので、今からすごく楽しみです。

マネージャーにも「ショーリの親御さん、あと少しで来るのね。楽しみでしょ?」といわれるので、家族との時間、というものがこの国でどれだけ重きを置かれているのかが、なんとなく分かりました。

日本じゃ私ぐらいの年の奴が、親と会うだけで嬉しそうにしてるのって、なんか冷ややかな目で見られるからな。

親に会えるのはそうだけど、それよりもDEAR.と傘蟻を持ってきてくれるというのが私としては一番嬉しいところです(結局そこ)

 

いつも御愛読ありがとうございます。

黒いあの虫を見ても驚かないという猛者はぽちり↓

あいつを見ると恐怖に震え何もできなくなる人もぽちり↓

私は何もできなくなる方です・・・うう。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログ ジャニーズへ
にほんブログ村

オーストラリアおいしいとこどりツアー Part3:Sound Live Feels Live

お久しぶりです、ショーリです。

ゴールドコーストにいる間にブログの更新ガンガンしようと思ったのですが、いつの間にやらもう10月も終わりですね(クズ)

そして明日は地獄のハロウィン。個人的日本でやるんじゃねぇよイベントぶっちぎり1位のハロウィンです。

オーストラリアはいうてそんなに盛り上がっていないので安心してます。

 

長きにわたって報告してまいりました、オーストラリアおいしいとこどりツアーも最終イベントです。

10月5日にシドニーにありますHordern Pavilionで行われた、

5Seconds of Summer "Sounds Live Feels live TOUR 2016"

に行ってきました。

しつこいぐらいこのブログに書いているのですが、私はこのライブを見るためだけにオーストラリアへやってきました。

カナダにいる間にツアー日程が発表されて、2月の武道館に合わせて一時帰国も考えましたが、お金ないし帰ったら今度はJUMPのツアー行きたくなっちゃうし多分2度と国内から出ないだろうな、と思い、泣く泣く諦めて、オーストラリアの日程を待つこと年末。

去年のクリスマスにオーストラリアのツアー日程が出て、そのまますぐにチケットを買い、10月まではどんなに辛くても、オーストラリアから離れちゃいけない!と思いながら生活をしていました。

(まぁでもなんだかんだ住めば都、ライブ終わってもこうしてオーストラリアに滞在を続けています)

楽しいタスマニア旅行を終え、向かった先はシドニー。

f:id:thenewbrokenscene:20161030153007j:plain

オペラハウスもばっちり写真に撮り、なんだかんだ観光も楽しんだ私。

f:id:thenewbrokenscene:20161009164125j:plain f:id:thenewbrokenscene:20161009164141j:plain

会場近くでこれを見た時は思わず鳥肌が立ち、「やばいどうしよう私ホントに来ちゃったよ!」とそこら辺にいたSOSfamのJKと同じようなはしゃぎ方をしていたアラサー。

4日の公演には行かず、会場付近をうろうろして翌日に備えました。

そして5日!待ちに待ったツアー最終日にして初見のコンサート!

f:id:thenewbrokenscene:20161009170503j:plain

やはりアルバムツアー、そうよね、アルバムの曲やるよね!私の聞きたいあの曲もあの曲も・・・・

・・・なぜ一番聞きたかった"SaftyPin"をセットリストから外したよそすちゃん!

なんかのインタビューで『この曲好きなんだ!』とか言ってたじゃんか!何でやんねぇんだ!!

そすちゃんといいおじゃんぷちゃんといい、なんで私の好きな曲全然セットリストに入れてくれないんだよ!(完全に私情)

9mmはアルバムツアーやるとアルバム曲はじかないで全部やるから本当にありがたい・・・ありがとう9mm。帰国したらまたライブ行きます・・・。

f:id:thenewbrokenscene:20161009170441j:plain

"Jet Black Heart"を歌う前に、今回のツアーのことをいろいろ話していたMichael。

つい3年前まではこのシドニーの一角にある、とある高校の、普通の学生だった5SOS。

音楽が好きで、演奏するのが、歌うのが楽しくて、自分たちの音楽を、いろんな人に聞いてもらいたい一心でYouTubeに歌をのせてたシドニーのティーンエイジャー。それがこの4人。

そんな4人は、目まぐるしい速さでその名前を世界に轟かせ、今では次世代の音楽シーンの一端を担っているロックバンドとなった5SOS。

私も入りは1Dのツアーのサポートアクトでやってきた彼ら、っていうとこからだから、行ってしまえばやっぱりミーハーに、アイドルな感じで彼らのファンになった。

けど最初に見てから1年半の月日を経て、おまけに彼らは世界中を旅してでっかいバンドになった訳で、もう1Dと同じ土俵で勝負するグループじゃなくなったんだな、としみじみ思ったこの公演。

言っちゃえばねぇ、今の彼らにキュートなルックスは無い。全く無い。男臭さしかない!だけど今のそすちゃんにそんなものは必要ない。それだけ5SOSの音楽っていうものが確立されたんだよ。

色んなバンドやグループが凱旋公演をやるけど、彼らのこの長いワールドツアーを経てのシドニー凱旋公演は、本当に大きな意味のあるものだったんだろうと、Michaelが『ここでライブができるなんて、夢みたいなんだ』って言ってるのを聞いて、そう感じました。

そしてライブの最後は彼らのデビュー曲であり傑作の"She looks so Perfect"

会場が一体となってコールをする様子はまさに圧巻でした。そして私も全力で絶叫。翌日見事にのどちんこぶっ飛びました。

 

こうして私のオーストラリアおいしいとこどりツアーは幕を閉じました。

ゴールドコーストの1週間は想定外のエクストラだったので、マジなんもせずに毎日海でぼーっとしてました。

およそ3週間にわたったこのツアーを経て、私は今、オーストラリアワーホリの最終地点になろう場所、ケアンズに到着し、新たなる住まいと新たなる仕事を順調に見つけて毎日でろでろになりながら生活してます。

ケアンズは今まで定住していたパースとは全く違う雰囲気の場所です。

ここでの生活はまだ3週間ほどですが、もう既にいろいろ面白いことになっているので、きちんと報告したいと思います。

 

いつも御愛読ありがとうございます。

Permanent Vacationが欲しいなという人はぽちり↓

Fantastic Timeで圭人がセンター!という感動を噛みしめている方もぽちり↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログ ジャニーズへ
にほんブログ村

オーストラリアおいしいとこどりツアーPart2:ホバートとその周辺

 

どうもショーリです。

ビーチで昼寝して、とんでもない日焼けをしてしまい絶望してます。

日焼け止めの大切さと、ビーチで爆睡は危険行為ということをこの年にして学びました。

あとはJUMPちゃん今年のカウコン東京ドームと聞いて絶望してます。もういっそのことカウコンのために帰国するか。

 

今日はおいしいとこどりツアー、ホバート編に行きたいと思います。

9/26~10/3の間、オーストラリア最南端の島、タスマニアにありますホバートでお気楽旅行を楽しんでおりました。

1週間もいればタスマニア島1周できるじゃん!って思ってる方(特にワーホリ経験者)、たくさんいると思います。

そうですね、一周できますね・・・免許さえあればな!!!

なんせ私、産まれも育ちも関東近郊(かっこよく言ってんじゃねぇ、埼玉だろ埼玉)なので、生活する上で車全く必要ないんですよ。だいたいどこでも電車とバスで行けちゃう便利な国です日本。

あとはまぁ、自転車で3~4回ほど事故ってるんで、これは!車の免許取っちゃいけない人種だなと自負している部分もあります。

そんな免許なしアラサーは、有り金の許容範囲で行けるツアーに端から参加してホバート周辺の観光地を巡っていました。

ちなみに今回お世話になったバックパッカーズは、ホバートの都市部から少し離れた丘の上の高級住宅街Battery PointにあるMontequteBoutiqueBunkhouseというバッパー。

しかしここ、バッパーとは名ばかりで、内装がめっちゃくちゃオシャレで泊まってる間ずっとニヤニヤしてました。

もうね、一言で言ったら『オシャレの代名詞』です。これでバッパーですからね!?

f:id:thenewbrokenscene:20161010194408j:plain f:id:thenewbrokenscene:20161010194350j:plain f:id:thenewbrokenscene:20161010194404j:plain

またホバートに行くチャンスがあればここ泊まりますもん。オーナーさんめっちゃいい人だったし。

もしホバートに行く予定のある方いらっしゃればぜひこのバッパーに行ってみてください。ホバート随一のオシャレエリアでもあるSalamanca Squareも近いのでお勧めです。

 

肝心のホバート旅行もといタスマニアおいしいとこどりツアーの様子をご紹介します。

f:id:thenewbrokenscene:20161009163454j:plain f:id:thenewbrokenscene:20161009163558j:plain

まずは一週間いてこれだけいい天気は2日だけだった!ホバート港とサラマンカスクエアです。

ここの港は海が綺麗で、天気がいいと海底が見えるので意味もなくずっと港で海見てました。ちなみにホバート港にはやたらヒトデがいて、それはもう、可愛いとかそういうの通り越して普通に気持ち悪かっ(文字数)

f:id:thenewbrokenscene:20161009163937j:plain f:id:thenewbrokenscene:20161009164134j:plain f:id:thenewbrokenscene:20161009170533j:plain

こちらはツアーで参加したマウントフィールド国立公園と、ボノロング野生動物公園での記念写真。

ツアー敢行日はまさかの雨。しかも霧雨(一番嫌なタイプ)

悪天候のためか、当日ドタキャンした参加者もいて、ツアー参加総数2名(私とドイツ人の女の子)というツアコンのお兄ちゃんもびっくりする事態。

それでも小さいグループだからという理由で、本来の予定には組み込まれてなかった場所なんかにも連れて行ってもらい、逆においしい思いをしてきました。

国立公園は、ちょうど雨が落ち着いた時間に入園したので、雨上がりの森をハイキングしてきました。野生のパディメロンにも遭遇し、なんかラッキーでした。

日本にいた時、一番嫌いだったのが雨上がりの雑木林だった私。雨上がりって妙に湿気ってて空気がまとわりつく感じがするうえに、土の匂いがぶわっと籠った空気の中に入ってきて、なんとも息苦しくて耐えられないんですよ。

だけどタスマニアの原生林は、雨上がりでもあの嫌な湿度はなく、土の匂いもするけど、それよりも水気を含んだ森の空気が体中に染み込んでいく感じが、なんとも言えない気持ち良さでした。

その気持ち良さは、ウルルで感じたあの自然の力と同じで、オーストラリアに、タスマニアに来て本当によかった、と何度も思いながら森の中を闊歩していました。

ボノロングでは、タスマニアンデビルをタスマニア島で見るという目標を掲げていたので、私はここで彼らを写真に収めて大満足でした。

そしてカンガルーをこんなに接写することはもう2度とないだろうなという気もします。写真見て想像できると思いますが、ここではカンガルーの餌付けをすると、もれなくカンガルーに囲まれます。囲まれます。

なかなかの迫力でしたが、とても可愛かったので、動物が大好きという方はぜひ行ってみてください。

f:id:thenewbrokenscene:20161009163856j:plain f:id:thenewbrokenscene:20161009164130j:plain

そしてこちらは、これまたツアーで参加したポートアーサー流刑所跡地です。

フリーマントルもそうだけど、刑務所跡地ってやっぱり空気が重い。すごくおどろおどろしいし、ここはオーストラリアの中でも古い方だから余計。特に怖かったのは病院の跡地。昼間の激明るい時間に行ったのにずーんってなった。

ちなみにこちらも、みんな大好きゴーストツアー(肝試し)敢行してます。ホラーもオカルトも大嫌いな私としては、存在価値がいまだにわからないゴーストツアーなのでした。

どうでもいいけどね、オーストラリアはもともと島流し用の場所だった(語弊ありですが)から、どの地区に行ってもゴーストツアーがある。みんなゴーストツアー好きすぎるでしょ。本物出たらどうすんのよ・・・。

f:id:thenewbrokenscene:20161009164036j:plain

これはホバートからシドニーへ行くときに乗ったカンタスの飛行機。

機体にタシーデビルが描いてあって思わず「かわいい!」と写真に収めてきました。

その他にも、写真撮り忘れましたがオーストラリアで一番ぶっ飛んでてエッジの効いた美術館であるMoNAや、土曜日の朝サラマンカストリートでやってるマーケットなんかにも足を運んで、なかなかホバートを楽しんできました。

しかしなんといってもタスマニア、ごはんがめちゃくちゃおいしいのなんのって!!

毎日違うお店のフィッシュアンドチップス食べたり、毎日違うマーケットで鮭買ってみたり、ここぞとばかりにタスマニアワインを飲み歩き、なんとも贅沢な1週間でした。

 

そんな感じで思いっきり満喫したタスマニア(ホバート)ともお別れし、向かった先はシドニー。

あぁ遂に、私のワーホリの一番であり、唯一の目的でもある5SOSのコンサートの日がやってきます。

その様子はまた長々とねちねちと書かせていただくので、心しておいてください(何様)

 

いつも御愛読ありがとうございます。

カンガルーに囲まれた事のある方はぽちり↓

免許なくてワーホリ四苦八苦してる人もぽちり↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログ ジャニーズへ
にほんブログ村