読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサージャニヲタ海を渡る

アラサージャニヲタがワーホリを決行。果たして海外でリア充生活とヲタ活を両立できるのか!

1度目のタイムリープ

カナダ

 

こんばんぬ。ショーリです。

ハリファックスの学校がなくなることを受けて新たなる生活の場を探す日々が始まりました。

学校側からは『トロントの系列校に移る子は、交通費全額支給ですが、それ以外のエリアに行く人は自己負担でお願いします』とのアナウンス。

ふざけんな!マジふざけんな!と、思いつつ私が選んだ場所はビクトリア(Victoria)

あれです、東の果てから西の果てへの大移動です。勿論交通費は自己負担。ジャパネットは助けてくれません。

それでも私がその場所を選んだのには理由がありました。

確かに楽しかったハリファックスの学校でしたが、1ケ月しかいなかったから、友達とめちゃくちゃ仲良い訳でもないし、かといって中途半端に自分を知ってる人がいるところに行くのも嫌だな・・・と軽めの人間不信を出した結果、誰も知ってる人のいない新しい場所に移るのが、私としては一番ストレスフリーだな!と考えてビクトリアに決定。

あとは日本にいるとき、この学校のビクトリアキャンパスのスタッフさんが学校紹介に来ていたので、ビクトリア行くかハリファックス行くか悩んでいたっていうのも理由にありました。

 

ではでは航空券の手配をしましょう。日付は10月の最初の土曜日で。

格安航空サイトを見ていたところ、最低ラインは600ドル(片道)

・・・600ドル!?片道!?

おいおいオーカナダ。国内移動でその金額の理由を述べよ!

とりあえず学校でTaylorに相談。

 

『うーん、ここも東の端っこの島みたいな場所で、ビクトリアも西の端の島でしょ?やっぱりね、陸続きじゃないとなるとちょっと値段上がるのよ。これがほんとに一番安いと思うかなー』

 

ダメだ、ジモティーが言うならそれしかないんだ・・・。

格安サイトの情報によると、そのチケットの出処はWEST JET。あの心優しいお姉さんとお兄さんのいたWEST JET。

それならば、航空会社から直接買おうではないか!

というわけでWEST JETのホームページからチケットの申し込み。燃油サーチャージ諸々含めて650ドル。・・・格安サイトの金額鵜呑みにしちゃダメだわな。

後日学校から新たなるお知らせ『交通費の全額支給は無理だけど、オーバーラゲッジは全額払うからビル取っといてね!』

・・・え、まじ?預け荷物全部払ってくれんの!?

ということで急遽預け荷物を増やし、手荷物をとても軽くすることのできた私。

WEST JETはいわゆるLCCなので預け荷物は1つ目から料金が発生。2つで合計50ドルのラゲッジフィーは、無事に学校からいただきました。本来なら交通費もラゲッジも全部払うのが筋だよなと先生たちみんな怒ってましたが・・・

 

そんなこんなで引っ越し当日。

朝7時45分の便に乗り、合計10時間以上かけてハリファックスからビクトリアへ向かいます。ちなみにビクトリア到着予定時刻は12時25分。時計で見ると5時間ちょい・・・。

北米大陸、大陸間で4時間の時差ありです。もう計算できませんでした。

早朝の便なので、私は5時半にダウンタウンから空港に向かうバスに乗らなければなりません。つまり寝たら最後です。

・・・・・・

・・・・・・

寝ました。

シェアハウスに住んでた日本人の男の子が、夜中まで飲みに歩いてて、帰ってきてずっとピンポンを連打してくれたおかげで起きられた私。

 

『え、ショーリさん何してんすか?飛行機乗らなあかんとちゃいます?』

 

彼が時計を刺した時、時刻は5時20分。バスは10分後に出発。家からダウンタウンまでは20分。

飛行機乗れないー!!!!!!!!

荷物を運び出すのを手伝ってくれた彼に別れを告げ、雨の降る真夜中の住宅街を駆ける私。

スーツケースがガラガラ煩い。でも走らないと。間に合わないのは分かるけどわずかな希望を抱いて走る私。

と、そこで道路の反対側から誰かが私を呼んでいる。

 

『Hey girl。どこ行くの?空港?』

『え、そうだけど!?バス間に合わないから急いでんの!』

『あ、ここの家の人が空港送迎で俺呼んだんだけど、何時の便?乗せてくよ』

『What!?え、いいの?7時45分のエドモントン行に乗る!』

『じゃあバス間に合わないから乗ってきな。荷物貸して貸して』

 

プライベートタクシーのお兄さんが私を呼び止め、そのまま荷物を車に乗せて、元々のお客様のマダムも乗せて、空港へ出発。

雨が降りしきる中ハリファックスからダートマスを抜けて、空港までの道をずんずん進むタクシー。途中で私が乗るはずだったバスも追い抜いて、バスが付くよりも15分早く空港へ到着。

お兄さんとマダムにお礼を言い、お腹が空いたので朝ご飯を優雅に食べる私。寝坊して乗れなくなってもおかしくなかった飛行機なのに無事に乗れる私。

私、持ってんな☆

飛行機は無事にエドモントンへ到着。フライト時間は6時間で、到着時刻は11時30分。

1度目の10月3日の12時を空の上で過ごした私。

エドモントンからビクトリアに向けて出発。時刻は1時30分。

2度目の10月3日の12時はエドモントンの空港で過ごした私。

そして無事に最終目的地、ビクトリアに到着。時刻は12時25分。

3度目の10月3日の12時はビクトリアの空港。

意味が分からないよ(´・ω・`)

 

そんなタイムリープからスタートしたビクトリアでの生活。

5ケ月という長いようで短い生活は光の如き速さで進んでいきました。

 

よろしければぽちりをお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

にほんブログ村