読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサージャニヲタ海を渡る

アラサージャニヲタがワーホリを決行。果たして海外でリア充生活とヲタ活を両立できるのか!

実録『家が遠い。』

 

どうもショーリです。

意外とほぼ毎日ブログ更新してます。カナダにいた時の旅行記とかその他備忘録も随時更新中なので、気になる方は過去の日付の記事を辿ってみてください。

 

昨日は大騒ぎしてた空港での面接でした。結果はお察しください

では今一度昨日のことを振り返ってみます。

5時半起床。目覚まし止めて2度寝(デフォ)

6時に慌てて起き上がり、準備をして6時半に家を出る。

最寄りのバス停から駅に向かい、電車でMidland駅まで。

そこから36番のバスに乗り、空港近くのバス停で降りる→失敗

 

『すいません、空港の最寄りのバス停ってここですか?』

『そいつぁ、2つ前だったな。道路渡って40番のバスに乗ったら空港に直接行けるがやそれに乗りんしゃぁ』

『ウィス』

 

40番のバスに乗り空港到着。待ち合わせの時間になっても人が現れない。

空港に着いたら連絡してとシェフに言われたので何度か電話し、留守電も残す。

 

『ハロー。君今どこにいる?』

『多分国内線ターミナルです。カンタスのゲートがいっぱいです』

『そっか、じゃあ国際線ターミナルまで来てね』

『分かりました!遅くなって申し訳ございません』

『あー、大丈夫よー。待ってる待ってる』

 

国内線第3ターミナルから国際線ターミナルまではシャトルバスで20分(嘘だろおい)

予定より30分遅れての面接。快く面接してくれたシェフは本当に神様のようでした。

 

『今ね、金曜日の夜に入れる人を探してるんだけど』

『あの・・・私もう夜は仕事してて、朝から夕方のシフトを希望してるんですが・・・』

『そうなの・・・』

『あ、でも来月からは金曜日フリーなんで入れますよ!!!』

『そっか、じゃあ来月になっても人が来なかったら呼ぶね。今日はわざわざありがとう』

『こちらこそありがとうございました』

終了~!カンカンカンカン!

 

というわけでリクルート活動続行です。あぁ、やっぱり世の中うまくいかないものなのね。

そして空港からの帰り道。シティまで行って電車で帰るか、また40と36を乗り継いで帰るか。

距離的にはシティ経由よりも行きと同じで帰る方が格段に速い。ただバスの時間が分からない。今日に限ってwi-fiのルーター忘れてる私。

相葉運をかけて行きと同じルートを辿る私。空港から36のバス停までは順調で、20分ちょいで公道まで出られた。

さぁ来るがよい36番のバスよ!

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

来ない(30分経過)

次に空港に行くバスが来たらそれに乗ってシティまで出るルートで帰ろう。

5分後、空港行きのバスやってくる。

 

『すいません、36って運行してます?』

『36?あぁ、そろそろ来るから待ってなお嬢ちゃん。こいつぁ空港行きだぜ』

 

ドア閉められた。立ち尽くす私。青い空には派手な色の鳥。孤独を感じるシチュエーション in Australia。

バス停のベンチで体育座りをしながら嵐の『言葉よりも大切なもの』をリピートする私。なんか泣きそう。

10分後、ようやくバス到着。

面接が終わってから家に帰るまでの所要時間2時間。いやー、なんかすげぇ切なかったね!

家に帰ってシェアオーナーのお姉さんと今日の面接の話をしつつ、出掛ける準備。

1か月ぶりに会うことになったオージーの友人(フリーマントル在住のマダム)とこのいか月の話をする。勿論今朝の空港の話も面白おかしくちょっと大げさに(笑)

 

『そうなの。ショーリ大変なのね。私の友達でお店やってる人がいるからちょっとショーリのこと、話してみるわ』

『え!?いいの!?あ、ああ、ありがとうございます』

『でもいい返事が来るかは分からないからあまり期待はしないでね!聞くだけ聞いてみるから』

 

よく人のブログで読む友達の紹介(しかもジモティー)が自分の身で起きるとは!鳥肌やべぇ。

そんな彼女は今月また旅行に行くらしく、帰ってきたら今度はフリーマントルに遊びに行く約束をしました。

なんか、やっとオーストラリアで色んなことが軌道に乗ってきた気がする。

とりあえず5SOSがオーストラリアに帰ってくるまでは、このパースでゆっくり生活していきたいと思います。

 

家が遠い人も遠くない人もぽちりお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村