読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサージャニヲタ海を渡る

アラサージャニヲタがワーホリを決行。果たして海外でリア充生活とヲタ活を両立できるのか!

GPSって聞くとどうしても山田涼介が出てくるのはJUMP担の性かな

オーストラリア 海外生活 カナダ パース

 

どうもショーリです。

怒涛の2週間が終わりました。燃え尽きました。

燃え尽きた結果、今朝Uberに携帯を置き去りにするという大事件が起きました。

気が付いたのは仕事が終わってバスに乗ろうとした時。

新しい携帯にして、カバーにスマートライダーが入れられるようになったので、携帯がないとバスにすんなり乗れない訳です。

携帯がないと気づき、真っ青になる私。とりあえず切符買ってシティのtelstraへ。

 

「ケータイ落としちゃって・・・」

「GPS追跡アプリ入れてる?」

「いや、分かんねぇっす」

「追跡アプリがあれば見つかるけど、アプリ入れてなければ絶望的ね。うちじゃ助けられないわ・・・」

「嘘やん・・・」

 

お店の電話を借りて自分のケータイに電話すること30分。

・・・・・・

・・・・・・

誰も出ない!!!!

帰り道、ベソベソと泣きながら家に戻りパソコンを起動させてGPS追跡の使い方を調べたところ、Andoroidデバイスマネージャーを使うと追跡できるとの情報。

さっそく起動させたところ、どうやら私のエクスペリ子はデバイスマネージャーが正常に作動していた模様。

マネージャーさんによると、私のケータイは駅の反対側の住宅エリアからGPS反応が出ているらしい。

電話をかけた時点で自分の番号が応答しているのと、電源が入っていないとも言っていないのでSIMを抜かれて他人に取られている心配はまずない。

今から駅の向こう側まで行こう!と思いましたが、連日の朝3時出勤による疲労と眠気、ついでに今朝号泣したせいで体力も無くベッドで泥のように眠る始末。

 

ちなみに号泣した理由は、怒涛の2週間が全て終わって安堵したのと、サブマネージャーのキミーとマネージャーのクリスティが「ショーリはこの2週間本当に素晴らしい仕事をしてくれたわ!あなたがいればもう安心ね」と言ってくれたのが嬉しかったから・・・いやしかし泣きすぎだな我

 

そして泥のように眠って起きてから、ご飯を食べて再びマネージャーを起動。

・・・6時間前から動いてない!?

ということはつまり、このお家、もしや今朝のUberのオニーチャンの家なのでは・・・。

ジャパレスの裏側を3ブロックほど行った場所だったこともあり、仕事前にそのGPS反応があった家に行ってみることに。

行ってみるとそこは公団住宅みたいな場所で、車もちらほら。呼び鈴はないから大声で「誰かいませんかー」をやる27歳。恥を知れ(違います)

すると隣のおうちからおばちゃんが出てくる。

 

「あらお嬢ちゃん、どうしたの?」

「あの、ケータイ探してて。家でGPS追跡使ったら、ここにあるって出てたんです」

「そーなの!GPS!」

「うん。今朝Uber使って、たぶんその車内に置いてっちゃって・・・」

「ここじゃなくて、この裏の左のブロックのおうちに、確かタクシーの運転手してるっていう人がいたから、もしかしたら彼かもしれないわよ。聞いてみたらいいわ」

「え!?マジ?ありがとうございます!行ってきます!」

 

公団住宅2エリア目。

入った瞬間目に入った、白い見覚えのあるトヨタ。これ、私が今朝乗ったやつじゃね・・・?

その車の止まってる家に再び「誰かいませんか」攻撃。

家主登場。やっぱり今朝のUberの運転手だ!

 

「あぁ!君か!ちょっと待ってて」

「はい・・・」

「・・・これでしょ?」

「うわああああ!!!私のエクスペリ子ぉぉぉ!!!ありがとうございます!」

「電話何回もなってたんだけど、ほら、これ、俺全然読めなくて・・・」

「全部日本語で設定してるからね。でも本当にありがとうございます」

「でもよくここが分かったね!どうやって探したの?」

「GPSの追跡アプリ使って・・・」

「なるほど!全く便利な世の中になったね。日本じゃGPSなんてなくてもケータイは戻ってくるでしょ?」

「うーん、まぁシチュエーションによるけどだいたい戻ってくるかな」

「やっぱり日本ってすごいね、俺もお金貯めて日本に行くわ、えーっと」

「上野と銀座ね」

「そうそれ!」

 

お兄さんからケータイを無事保護し、がっちり握手をして退散。

彼が日本に興味のある人だったから、私が朝乗った時ずっと日本の話をしていたのが功を奏したのか、日本人なら絶対にここまで探しに来ると思っていたらしい。なぜ・・・。他のお国じゃなくなったら諦めちまうってのかい?

そんなこんなで無事に携帯も帰還し、ついでに怒涛の勤務も終わったのであとはゆっくり寝て明日からのSupernovaを迎えるのみ。

 

さっきFacebookを見ていたら、ムギちゃんが帰国するという投稿を発見。

カナダで濃い時間を過ごした彼女は、私より一足先に帰国の途に就きました。

海の向こうで出会った友達が日本に帰るのを見るのは寂しい半面、自分が帰国した時の楽しみも増えるから、それもすごく嬉しい。

海の向こうで出会ったたくさんの同郷の仲間たち。日本で会うときはきっとみんな、ここで出会った時の何倍も逞しく美しく、凛としているのだろうと思うと、私も頑張らねばと思います。

オーストラリアでの生活ももうすぐ4ヵ月目に突入しようとしています。

残り8ヶ月、やりたいことを思いっきりやれるといいな。

 

 

いつも応援ありがとうございます!

海外で落とし物をしてひやひやしたことのある方はぽちり!

何やってんだかこいつって思ってる方もぽちりお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログ ジャニーズへ
にほんブログ村