読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサージャニヲタ海を渡る

アラサージャニヲタがワーホリを決行。果たして海外でリア充生活とヲタ活を両立できるのか!

オーストラリアおいしいとこどりツアーPart1:アリススプリングとウルル

オーストラリア 旅行

 

どうもショーリです。

只今オーストラリアおいしいとこどり横断ツアーの真っ最中です。

いや、あと3日でケアンズ移るから真っ最中でもねぇか。

今回のおいしいとこどりツアーのメインは4ヶ所。

・ウルル

・ホバート

・Sounds Live Feels Live

・ゴールドコースト

一か所おかしいじゃんっていうツッコミは受け付けません。なんならそれがメインです。コース料理で言うところのフィレ肉の赤ワイン煮みたいなポジションです。

 

9/23~26まで過ごしたのはアリススプリング。

場所はオーストラリア大陸のど真ん中、ノーザンテリトリーにあります。

今回お世話になったバックパッカーズは、AliceLodgeBackPackersという市街地から少し離れた如何にもな感じのバックバッカーズ。

なんかあとから仕入れた情報ですが、アリススプリングのバッパーで、無料Wi-Fiがあるのはどうやらここだけらしいとか。

受付のお兄ちゃんはドイツ語喋ってるし、宿泊客もだいたい英語じゃない言語喋ってるしで、私はいったい何処にいるんだ・・・となったバッパー。

んで、ウルルにはツアーで参加しました。

今回は日系のツアーブッキング会社を使ったのですが、大元はエアーズロックのツアーならお任せあれ、な地元のツアー会社EmuRunの行っている、エアーズロック弾丸日帰りツアーを予約。

朝5時にバッパーにお迎えが来て、夜中12時過ぎにバッパーに到着。

他のホテルからもツアー参加者をピックアップしてましたが、参加者の8割がセレブ風マダムにセレブ風ジェントル。

アラサーヲタクはものすごく場違いな雰囲気を醸し出している。静かにしておこう。

 

今回参加したツアーで行ったのは、風の谷とエアーズロック。

ちなみにツアーのメインは、シャンパン片手にエアーズロックのサンセットを眺める

いやそりゃ参加者みんなセレブ風味だわ。私は日帰り弾丸っていうところだけで選んだので、中身全然知りませんでした(確認はきちんとしましょう)

そんな弾丸ツアーの写真がこちら。

f:id:thenewbrokenscene:20161009163503j:plain f:id:thenewbrokenscene:20161009163323j:plain 

こんな綺麗な景色を見ながらシャンパン飲むなんてね、きっともう一生縁がない。

f:id:thenewbrokenscene:20161009163616j:plain

そんな感じで弾丸セレブツアー、楽しみました。

ちなみにアリススプリングの街は、本当にエアーズロックへの玄関口、といった雰囲気の場所で、すごく小ぢんまりとした街でした。

ポケモンで言うところの、ジムがないけどポケセンとフレンドリーショップと、あとは技教え老人だったり、曜日別にレアアイテムくれる住人がいる街みたいな場所でした。

 

本当はエアーズロックに行くつもりもなければ全く興味もないし、5SOSのライブまでの時間を逆算して旅行の予定を立てたところ、なんだか変に時間が余るし、それなら行ってみるか、ぐらいの程度で生きました。

ですがやっぱり世界自然遺産で、オーストラリアのある種シンボルのような場所。アボリジニにとっては聖域であるウルル。

ウルルも風の谷も、その場所に立つと周りの音が聞こえなくなるほど静かで、空気が穏やかに流れてて、自分もこの自然の中にちゃんと溶け込める存在なんだ、と改めて思わされました。

神聖なる場所はやっぱりそれなりに理由はあるし、自然の持つ神秘の力、みたいなものはやっぱり存在するんだと考えさせられました(それはこのあといったタスマニアでも同じことを思わされた)

ホントにただの寄り道程度の場所でしたが、行ってみた感想としては、オーストラリアに来たなら絶対に行ってほしい場所の一つです。

ウルルからアリススプリングへ帰る道すがら見た星空も、今まで見た中で一番美しいものでした。

 

ウルルツアーで個人的に一番テンションが上がったのは、砂漠地帯で見つけたなんだかよく分からないトカゲちゃんだったので結局自然より動物の方がいいみたいです。

 

いつも御愛読ありがとう

世界の中心で愛を叫ぶを見てここを知った方はぽちり↓

愛を叫ぶ場所でぼっちのアラサーというワードを考えて涙が出た人もぽちり↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログ ジャニーズへ
にほんブログ村