アラサージャニヲタ海を渡る

アラサージャニヲタがワーホリを決行。果たして海外でリア充生活とヲタ活を両立できるのか!

オフィスカジュアルとは襟つきのことを指す

アローラ!ショーリです(久しぶりのこの挨拶)

昨日、退職願を提出し、無事に8月末で今の職場とおさらば出来ることになりました。

そして転職活動も佳境に入ってきました。来週3社ぐらい面接入る可能性が出てきてます。しかもサマソニ明けの月曜日(無謀)

 

ここ数日の間に入っていた面接が『私服で来てください』という内容の面接だったため、夏用のフォーマルアイテムを全く用意していなかった私。

そしてついに私服で来てくださいの記載がない企業にぶち当たりました。

慌てる私。クローゼットからオフィスカジュアルになりそうなアイテムを引きずり出す私。呆れる母親(人事の人)

 

「ショーリあんたちゃんとしたオフィス用の服ってないの?」

「今まで私がそんな仕事してた記憶ある?」

「ない」

「でしょ!?何着りゃいいんだよ!助けろ!」

「マルイに行け。あそこなら助けてくれる」

 

なんかもう訳の分からない会話を繰り広げていた日曜の夜。

そして翌日、母の助言に従って地元のマルイに向かう私。

 

「すいません、来週面接なんですけど、オフィスカジュアルで面接用に使える服ってありますか?」

「うーん、今の時期は暑いからジャケットいらないと思うので、キレイ目なパンツとブラウス、でいいと思いますよ」

「知り合いの人事担当者(母ちゃん)がジャケット!ジャケット!ってうるさいんです・・・」

「そうですか(笑)じゃあこの辺のアイテムがいいと思いますよ、これでしたらインナーは襟つきじゃなくてクルーネックのシャツでも問題ないですし」

「ほうほう」

 

マルイのオフィス向けラインの"ru"のスタッフさんは、やっぱこういう話にめちゃくちゃ強いですね。母ちゃんがマルイ推しなのも分かった。

そして購入たのがグレーのジャケットにネイビーのパンツ。

今までコックコートとジャージしか仕事できていなかったアラサーが、ついにオフィスカジュアルに袖を通す日が来た!

そう思っただけでなんだか心が晴れやかになるから、オシャレってすごい事なんだと思います。

元々服は好きで、意外とミーハーに女子っぽいことが好きなので、こういうときにわくわくしてにやけてしまう自分。

オーストラリアで面接らしい面接をしたのは空港と、クビになったカフェと、編集部。

あ、意外とちゃんと面接してたわ・・・。ジャパレスとケアンズのレストランは行ったら面接もなしにトライアルだったので今でも訳分からんです・・・。

 

アラサージャニヲタは今日も自分の夢に向かって頑張っております。

夢が敵った暁には、ここにも書こうと思いますので、なんとなく楽しみにしておいてください(笑)

私の人生は私が決める

お久しぶりですショーリです。

まだ知らない間に読者さんが増えてたみたいで・・・。ありがたい事です。

 

最近の私ですが、やはり妥協して選んだ仕事は続きません。

ということで会社辞めちゃうことにしました。

あのねー、やっぱり同じ早朝出勤の職場でも、仕事内容とか職場環境とか、続くモチベーションって違いますよね。

元々、キャリアチェンジのために海外でいろんな経験をしてきたのに、仕事が見つからない焦りで同じ業種に就職したのをものすごく後悔しながら働いていました。

そんなことを思いながら働いていたある日、油の海を泳ぐ大量の唐揚げを見ながら涙が止まらなくなった私。

「これからの長い人生、私は20年も30年も唐揚げを揚げ続けないといけないのかな・・・」

そう考えだしたら止まらなくなりました。

傷口は浅いうちに塞げ。灯は消える前に燭台へ。

やっぱり諦めきれない自分の夢を叶えるために、改めて就活をし直しています。

まだ最終選考結果が届いてない企業ばかり(お盆中につき)なので、来月の自分がどうなっているのかは全く想像が出来ませんが、きっと自分のなりたい自分に近づけていると思います。

その自信はどこから来てるんだ、と思う人もいるでしょう。

勿論その自信が来てるのは、私のカナダとオーストラリアでの経験からです。

今の職場環境の過酷さは、海外生活で感じていた過酷さとはカテゴリーが違いますが、あの海外生活の中で、どんな辛いことがあっても最後は自分が願うハッピーエンドを迎えることのできたことがたくさんありました。

海外で過ごしてたくさんの友達ができ、みんなそれぞれいろんな考え方をしていました。

そして、どの友達も共通して同じ考えを持っていました。

『自分の人生の主人公は自分。自分が幸せな人生を送ることが一番大切』

携帯のカメラロールを眺めながら、友達と笑顔で写真を撮っていた自分がそこにはいました。

あの頃みんなと笑ってた自分が、今の自分を見たらどう思うんだろう。

あんた何やってんの?全然成長してないんじゃん。

数をこなして時間が来たら終わる仕事であんたの一生終わっちゃっていいの?

ていうかやりたい事をやる、とか格好つけたくせにちょっとダメだったからって自分のできること以上をやらない場所に逃げて、そんなダサい事してていいの?

あぁ、自分が自分にそういってきらた死ぬほど腹が立ちますね。

あの時の自分にバカにされないためにも、未来の自分を笑顔にさせるためにも、私は自分の夢に向かって進むことにします。

これからはもっとたくさんブログを更新しないといけないな、とも思っています。

海を渡るブログは、夢を掴むブログに代わっていくことでしょう。

 

 

朝の東京メトロは戦場だとこの年になって学ぶ。

お久しぶりですショーリです。

まだこのブログ読んでくれてる人いんのかなって思ってますが、再び気が向いてきたから書きはじめようと思っているので何卒。

 

楽しい海外生活から現実世界に引き戻されて4ヶ月。毎日働いております。

5月から都内にある総合病院の食堂で調理師としてお仕事する毎日です。なんでかな、結局キャリアチェンジできなかったわ。

ですが今はいち会社員としてここに所属してるので、なんか書くときに職業欄に迷わず『会社員』って書けるのが嬉しいです。

幸いなことに上司にも先輩にも恵まれているので、今のところ精神衛生面は全く問題なく楽しく働いております。

問題はフィジカル。

早番だと朝6時過ぎからの出勤なのですが、埼玉の片田舎に住む私には、いくら始発に乗ろうと不可能な勤務時間。

募集要項の勤務時間は9時18時だったので、都内だけど全然問題ないじゃん、と思い応募し、面接。

面接の時のも『早番できません』とは言ったものの、やはり人手不足のこのご時世にこの業界。

始発(朝5時半)に乗って1時間半かけて出勤してる早番。

・・・パースと一緒じゃね?ていうかパースより早くね?

今は職場の上司と共に私が早く埼玉を脱却し、再び自立した生活を取り戻すまでの作戦を一生懸命たてているところ。

 

そんな楽しい(苦しい)病院勤務、今月はどうやら海外からの研修医さんを受け入れているらしく、先週ぐらいから英語のネームを下げたお医者さんがよく食堂に現れます。

この間の勤務終わり(早番勤務は16時で勤務終了。お店は引き続き営業中)に着替えているところでパートさんに呼び出される私。

 

「ショーリさんまだいる?」

「いますいます!今出ます。なんか私忘れてました?」

「違う!英語喋る先生きちゃった!宜しく」

やってきたのは研修医さん2人組。

『いらっしゃいませー。どうしましたー?』

『あの僕ね、どんぶり頼んだの』

『どんぶり?今日もう完売してますよ。うどんならあります』

『あ、うどんはね、彼が頼んだ』

運ばれてくるうどんとカレー。おいおい、どんぶりってカレーかよ。

『これで全部?』

『あの、ミニカレー食べたいんだけどありますか?』

『ありますよー。お支払い現金のみですがよろしいですか?』

『もちろん!』
『じゃあ100円ですね』

『これいい?』←出てきたのは大量の10円玉。

『うぇへ。いいですよーって、90円しかないっす』

『あ、あのこれは同じコイン?』

『それは5円玉ですな。同じのもう1枚あったらお支払い可能ですよ』

『あ、あった!じゃあこれで!』

『ありがとうございますー。お二人ともセットですので味噌汁お持ちくださいねー』

『やったね。あ、明日はカレーの単品食べに来ます』

『わかりましたー!あ、お二人ともセットのお支払いこちらでお願いします』

 

笑顔で去っていってくれたお医者さん。

私も久しぶりに英語を使って楽しくなり、ニヤニヤ。

ふと配膳レーンを見るとパートさんたちがニヤニヤ。オーディエンス増えてね?

 

「ショーリちゃんホントに英語喋れるのね」

「かっこよかったわよ~」

嬉しいっす。だけどな、海外に1年半もいて喋れなかったらそれはそれで恥ずかしいんだよワトソン君。

そんなこんなで帰国後初めて人前で英語を使う出来事があった職場。向こうで接客の仕事してて良かったと実感しました。

キャリアチェンジは出来なかったけど、なんか面白い仕事が出来そうな会社なのでしばらくお世話になりたいと思ってます。

輝く日のために

 

アローラ!ショーリです。

帰国して早いものでもう2か月が過ぎました。

オーストラリアから引き継いだ資金も底が見えてます。

・・・( ^ω^)

仕事が見つかってません!!!!!

いやあのね、別に就職活動してない訳じゃないんですよ?

面接とか結構受けたりしてるんですよ?

「1週間以内に連絡します」「月末までに連絡します」

・・・( ^ω^)

1件も返事来ねぇんだけど!?

え、なにこれ、まだオーストラリアの延長線?!

といった具合で、なぜか今、3~4社ぐらい最終連絡待ちというわけ分からん状況です。

ていうか期限内に連絡来てないし、これってもう不採用ってことでいいのかな?

 

なので4月に入りましたが、毎日お家でぐうたらしている日々が続いております。

 思い返せば大学を卒業してから今までで、全部が全部とんとん拍子で進んだのって、ケアンズの生活だけだったような気がするので仕方ないかと諦めている部分もあります。

大学卒業してすぐ就職浪人で、そのあとのレストランはアルバイトだったし、そこから保育園で拾ってもらうまで2年半もあった。

カナダでの生活が始まった矢先に学校がなくなって引っ越しもしたし、パースは見つかった仕事1週間で切られて、そのあと仕事見つかるまで1カ月かかったもんな。

そう考えてみれば、自分の人生が全てスムーズだったことって、まぁない訳でして。

だから今まだ仕事が見つからないのも、自分の人生の軸からは全くブレていないので、そのうち仕事も見つかると思ってます。

 

仕事の事より、帰国してNEVERLANDの振り込みしようと思ったら、帰国3日前に振り込み締め切りが来てたっていうことの方がよっぽど事件。

誰かがうっかり6月10日のドームのチケット私に譲ってくれないかなぁと願う日々が続いております。

これはもう圭人からシゲアキ先生に担降りするのも時間の問題かなと思っております。

 

海を渡って帰ってきたので、仕事が見つかったらこのブログもマイナーチェンジしたいと思っておりますので、引き続き御愛読してくだされば幸いです。

 

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

アローラ!ショーリです。

1週間のお気楽ニュージーランド旅行も本日最終日です。

今週の月曜日にウェリントンから、バスで11時間かけてオークランドにやってきました。

やっぱりニュージーランドといえば羊!シープ!メリープちゃん!

ウェリントンからオークランドに移動する間に見かけましたが、そこら中にわらわらしているのを想像していたので、なんだか拍子抜けでした。あれです、オーストラリアに行ったらどこでもカンガルーが見れると信じていたあれと一緒です。

 

そしてやってきたのは大都市オークランド。

見上げると、首が痛くなるような高いビルヂングがいっぱいで、ケアンズという赤道直下の田舎町から来たアラサーは、毎日興奮して毎日TOPSHOPに入り浸ってました。

都会の良くないところはお買い物天国っていうところです。

元々ものすごい浪費家なので、都会に出るとすぐにお金を使います。だからケアンズはパースより少ないお給料でしたが、それなりに蓄えが出来ました。これで自分がブリスベンやらシドニーなんかに住んでたらえらいことになってたなと・・・。

動物園、博物館、スカイタワーの3大観光スポット(従来比)ももれなく行ってきたので、毎日あっという間に終わってしまいました。

ただねー、今回泊まってるバックパッカーズが、海を渡るシリーズの中で群を抜いて最悪なんです。

何が最悪ってとにかくうるさい。うるさいうるさいうるさい!!!!

周りがとかじゃなくて、宿泊者のモラルが低すぎる。

私の部屋、喫煙所のすぐ横なんですが、夜10時を過ぎても喫煙所から人がいなくならない、何なら増える。おまけにみんな飲んでるからとてもご機嫌。

ハウスルールでは、夜10時~朝6時は静かにしてください、とでかでかと書いてありますが、喫煙者どもはどこ吹く風。

煙草臭いしマリファナ臭いしで毎晩イライラしながらライブパレード走ってます(寝ろよ)

同じ部屋のスコティッシュの女の子と『あいつらマジなんなん、滅しろ』と話しながら眠りに就いてます。

今回泊まってる『The Station Backpackers』ですが、建物の外観はなかなか廃墟感があって個人的に好きですし、バッパーにしては水回りがしっかりしているので、とてもいいのですが、宿泊客がカオスなので、リア充ウェーイに慣れていない人にはなかなかお勧めできないです(偏見)

 

ま、そんなこんなで私の海を渡る旅は遂に完結いたします。

明日の今頃にはきっと成田も目前で、現実という大きな壁が立ちはだかってきます。

2015年の9月に成田から飛び立ち、海を渡ることおよそ17ヶ月。

自分が成長したかなんかどうかなんて全然分かりません。

だけど、海を渡る前よりも、自分のことが好きになれました。

圭人の見てきた海の向こうの国を見たい、失恋でくよくよしてた自分を律したい、母のような女性になりたい、自担のライブは自担の地元で見るのが一番だろJK。

色んな邪な理由や純粋な理由がごちゃまぜになっていた、私の渡航。

自分のことを好きになれたっていうことが、一番の収穫だったかなぁ、と振り返ってみて思います。

このブログをどれだけの人が読んでくれているかは分かりませんが、ワーホリしたい、留学したい、でもあと一歩が踏み出せない、そんな人をちょっとでも後押しできるブログになっていれば幸いです。

自分を好きになれない人、ぜひともワーホリに挑戦してみてください。

1年ぐらい、誰も知ってる人のいない場所で命を落とさず生きること、それをこなせたら、自分の事がすごく誇らしく思えて、大好きになれます。

 

ワーホリも留学も、家に帰るまでがワーホリで留学です。

何も起こらず無事に帰国できますように!!!

帰国したらまぁしばらくは海を渡る予定はなさそうですが、ブログは続けるつもりです。

これからはきっとジャニーズの話と自分の生活をだらだら書き続ける日記になりそうですが、引き続き御贔屓にしていただけるとありがたいです。

地味にこのブログ好きなんだよねという方はぽちり↓

圭人の短髪、納得いかんぞ!という方もぽちり↓

私はあのミディアムボブの圭人が最強のビジュアルだと信じている・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログ ジャニーズへ

にほんブログ村

サヨナラまであと2㎝

アローラ!ショーリです。

只今私、ニュージーランドはウェリントンにおります。

はい、無事に1年間のワーキングホリデーが終わりました。

正確には11か月ですがまぁそこはね、四捨五入的なことしたら1年だろみたいな感じっす(適当)

さっき実家に連絡したらNEWSのFCの会員証が届いたようです。帰ったらツアーの申し込みや。

世間ではオーストラリアデーだった26日にオーストラリアを出発するというとんでもないニアミスをする私。いや、航空券安かった理由がなんかわかるわ。

ウェリントンで宿泊中のこのバッパー、wi-fiの制限が1時間なので、オーストラリアの総括はまた次回にして、今回はケアンズのまとめを少しだけ。

 

5SOSのワールドツアーも終わり、ケアンズ生活は最初の時点でもう既に抜け殻だった私。

それでもお金を稼がないと生活できないので、再び憂鬱なレジュメ配りを始める日々。

ケアンズでラッキーだったのは、すぐに仕事が見つかったこと。

今までで1,2を争うような重労働だったケアンズのレストラン。

トライアルの初日、マネージャーに『私、あなたのこと気に入ったわ。だからあなたが望むなら、明日からでもすぐ働いてほしいな』と言ってもらえたのがずっと残ってて、それがあったから忙しすぎてすっごく嫌だったけど、クリスマスを乗り越えられたんだと思う。

4カ月間、色んな人に助けられて、甘やかされて、可愛がってもらいながら働いてたのは、パースとちょっと違ったなぁっていう感じ。

シェアハウスも、スパニッシュオージーのオーナーに、フランス、香港、ベトナムのシェアメイト。

家じゃ日本語を全然使わない環境だったけど、シェアメイトとも仲良くやれたし、仲良くなった。これもパースと全然違う。

どんな場所か全然知らない、世界有数の観光地のケアンズ。

暑かったことと、ゴキンちゃんがいっぱいいたこと以外は、住めば都、を体現した場所でした。

職場の環境も、シェアハウスも、なんだか今までで一番頑張って、一番楽しかった場所だったケアンズ。だから今では大好きな町。いつかまた戻る日まで。

 

そろそろwi-fiがなくなるのでこの辺で失礼します。

いつも御愛読ありがとうございます。

ケアンズというとグロリアス軽トラックだろという人はぽちり↓

ケアンズはやっぱエビちゃんのワーホリ旅行でしょという人もぽちり↓

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログ ジャニーズへ

にほんブログ村

スキューバダイビングというエクストリームスポーツ

アローラ!ショーリです。

ブログ書かないうちにまたいろんなことがありました。

先週の木曜日に仕事を辞めて、金曜日から荷物をまとめ始めた私。

そして今週、ついに憧れだったスキューバダイビングの免許を取りに行ってきました。

今回お世話になったダイビングショップは、ケアンズでPADIの免許取得センターを始めて30年の老舗、Cairns Dive Centerさん。リンクはこちらです↓

https://www.cairnsdive.com.au/en/

私が今回申し込んだのは、グレートバリアリーフとフィッツロイ島でダイビングができる4日間のコース。

ここのショップを選んだ理由は、調べた中で一番安かったからです(素直)

しかし老舗ダイビングショップ、安かろう悪かろうということは一切なく、運動音痴なズブの素人の私でも、しっかり講習と実技を終えることが出来ました。

 

さてタイトルにもありますが、ダイビングがエクストリームスポーツだと、私は全然思ってもいませんでした。

むしろこれがエクストリームスポーツだと思っているのは、私だけではなかろうか・・・。

プール講習2日目、水深4メートルでの実技講習の日です。

私、泳ぐのにも、潜るのにも、何なら高飛び込みにも自信がありました。

しかし、海底で弱点が発見されました。

耳抜きが出来ない

耳抜きに失敗した私は、水深4メートルで鼓膜に激痛が走り、そのままドロップアウト。

その日の講習が終われば翌日から夢のグレートバリアリーフでした。

もちろん途中で脱走した私はインストラクターさんと相談し、もう2日、他のクラスに混ざってプール補習を受けることに。ありがたいことに追加料金は発生しませんでした。

私が参加し直したクラスは、私を含めて7人という小ぢんまりとしたグループ。ちなみにもともと予定してたクラスは15人も人がいたので、教室もプールも激狭くてとても居心地が文字数。

いざプール講習。しかし耳抜きのトラウマが残っている私。

この少人数クラスの生徒がみんな「ショーリ!大丈夫!怖くない!」「俺も耳抜き失敗したけど大丈夫!生きてるし!」と励ましてくれる。

おかげでプール講習も耳抜きも難なくクリア。

そして昨日、今日でダイビング実習。

海とプールは違う。プールは人工物。海は生き物。ビビる私。入水で海水を吸い込んで死にかける。

海の中で、レギュレーター(呼吸器)が外れたら息ができないという変なプレッシャーを一人感じる私(とりこし苦労)

海面に上がる時、呼吸のし過ぎで死にかける。

ダイビングをやるにあたって、潜ってから海面に上がる時には分速18メートルよりも早く上がってはいけない、というルールがあります。

これは、水の中でかかる圧力と、地上の圧力の違いから、空気を含む物質の膨張率が変わる、という性質があるということで、先にあげた速度よりも早く上がると肺が膨張して、最悪の場合、海上に出て肺が破裂する恐れがあります。

いやね、分速18メートルって、想像以上に遅いのよ。結果、ちょっと早く泳ぎすぎて海面付近で肺が痛くなって、「あ、やべ、死ぬ」となりました。

こんな感じですが、本日、無事に海での実習も終え、無事にオープンウォーターの免許を取得いたしました。これでまたどこか海外に出かけたらダイビングが出来ます。

 

ケアンズでのダイビング講習でしたので、場所は勿論、世界遺産の海、グレートバリアリーフです。

水中カメラなぞという代物を持っていないので、海の中の写真は全くありませんが、サンゴ礁でのダイビングは、オーストラリアでの素敵な思い出になりました。

水族館が大好きなので、サンゴ礁の海、みたいな展示は今まで何度も見ていましたが、水族館の展示の中を自分が泳いでると思うと、なんだか夢のようでした。

サンゴ礁の中にも、白化した生きていないサンゴの山もあり、少し切なくなりましたが、命あるものはいつか息絶えるという自然の摂理を間近で感じられました。

グレートバリアリーフなので、やっぱりニモとドリーを思い浮かべる人が多いと思いますが、私にとってディズニーの海はリトル・マーメイドなので、泳いでる間ずっとアリエルのいる世界が3次元に現れるとこうなるのかぁ・・・なんて思いながらダイビングしてました。

ケアンズに来た際には、このエクストリームスポーツに挑戦してみてください。一見の価値ありです。

 

いつも御愛読ありがとうございます。

ディズニーはランドよりシー派だなという人はぽちり↓

耳抜きうまくできない人もぽちり↓

エクストリームスポーツに挑戦したい人もぽちりお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログ ジャニーズへ
にほんブログ村